野坂岳

画像


盛り上がっている平昌オリンピックも残り五日。
勝敗は別にしても、真剣勝負には心打たれるものがある。
例えば女子カーリングの藤沢五月さんの
ショットの瞬間の表情なんて・・・
もし、あんな表情で頼み事なんかされたりしたら
何でも聞いてやりたくなりますもん(笑)
冗談はさておき、各競技残り僅かだが
ベストを尽くして頑張って下さい。

私も頑張りたいと思ってはいるけれど
思いと実状が違う事はよくある話!(^^ゞ
今日の天気は今一だが、行くしかないだろう(^^ゞ


画像

市街の道の雪はほとんど消えたが
ここにはまだたっぷりある。
車で上の駐車場まで行けるには
まだ暫くかかりそうだ。
今期は市も除雪費を使い果たしてますからねぇ(笑)

登山者らしき車は二台のみと、今日は少なそうだ。


画像

前回と同じく一番下から冬道に入ってアンテナ塔の跡地。
トレースはガチガチまでは凍ってなく
歩き易い方だろう。


画像

前回より積雪は50cmぐらい減っているが
まだ十分の量の雪がある。


画像

無雪期によく載せているブナの木。
やはり小雪が降り出してくる。


画像

すでに二人の方が下りて来たので、この先は私だけか。。
この孤独感も悪くはない(笑)


画像

呼吸を荒げて一ノ岳に着く。
標柱は埋まったままだ。
展望なんて書くだけ無駄というもの(^_^;


画像

二ノ岳、三ノ岳も白く吹雪いているようだ。


画像

雪庇が大きく張り出している。
目の前に見えるニノ岳が勇ましく感じる。


画像

二ノ岳の標柱も埋まっている。
ここの標柱の高さは150cmあるので
積雪は2M近くあるかもしれない。


画像

ブナの主も姿が変わっている(笑)


画像

雪は止まないが、風がほとんどないのでありがたい。
雪面は純白に変わり綺麗だ。


画像

三ノ岳の標柱も埋まっている。


画像

避難小屋も、屋根の少し下まで雪がある。


画像

雪かきがしてあるので、戸は開き入る事ができる。


画像

山頂の同定盤は出ているが、一番多い時は
埋まっていただろう。
当然、展望なんかはない(^_^;


画像

小屋に入ってみるが、入口から外を見ると
これだけの積雪がある。


画像

暫く食べ物ネタはやっていないが
こんなので春が近い事を感じている(笑)

下山しようと外に出ると、何と半袖で登って来る若人にビックリ!
若人といっても30代だと思うが、この雪の降る中である。
隣町の人らしいが

「さすがに半袖は寒いですわぁ~」

いやいや、それ以前の話だと思う。
初めから半袖で登る事自体が問題かと?(笑)


画像
画像

今期、山頂まで行った中では最高の積雪で
十分楽しむ事ができた。
やっぱり野坂はこのぐらいの積雪があれば
景色が変り、違った一面を見る事ができると思う。
来週は気温が上り、雪解けが加速しそうだ。


このブログも早いもので、今月でちょうど10年が経ちました。
成長は全くありませんが、ぼちぼちとやっていくつもりですので
よろしくお願いします。



"野坂岳" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]