千石山~若狭駒ヶ岳

春に若狭町の千石山に登った時に
次は駒ヶ岳まで縦走しようという話になっていた。
そんなわけで、今日行く事にする。
せっかくなので周回だ。

HPのレポ
http://siva36.main.jp/sengoku.wakasakoma251114.html


画像

小浜市の池河内の集落を過ぎ、そのまま林道を少し行くと落合橋がある。
橋の手前の左の尾根を上り、橋の向こうの左の尾根から下りて来る。


画像

取り付きから真新しい黄色いテープが
しっかり付いていたのは予想外で驚く。
稜線まで、標高差約350Mの激坂を登る。


画像

稜線に上り、右折して揺るやかな道を少し行くと・・
出ましたナメコ!
みれ殿は先日余呉でナメコをどっさり採り
掃除でほっこりしたと言う。
なので、もう採らなくていいだろう。
「SIVAちゃ~ん♪ゆっくり休んでてね!」
「げっ、まだ採るの?」
「だってぇ~ ナメコが採って欲しい!って言ってるんだもん♪」
はいはい、その言葉はもう聞き飽きました!(^_^;


画像

展望のない千石山山頂(9時20分)


画像

山頂から少し行くと、またナメコ!(^_^;
「神からの贈り物かも♪」
もう、ほとんど病気である。(^_^;
まあ明日はどうせ雨だから、ゆっくり掃除をしてくだされ!(笑)


画像

アップダウンはあるものの、美しい魅力的な尾根。
ただ風が吹くと、かなり寒い。


画像

三重ヶ岳や湖北武奈ヶ岳の山頂付近が雪で白い。


画像

駒ヶ岳の山頂直下で初雪を踏む。


画像

若狭駒ヶ岳山頂(11時35分)
昼食を取っていると、一人だけ単独者が登って来た。


画像

分岐から木地山峠方面へ向う。
惚れ惚れするような素晴らしいブナ林。


画像

正面に百里ヶ岳。


画像

途中から北西に伸びる尾根に入る。
ユズリハの群生地まで、最高の極楽尾根が続く。


画像
画像

最後の方は、少し藪漕ぎしながらの激下り。
この尾根はテープはほとんどなく、あまり歩かれていない様子。
下山はナメコがなくて助かった(笑)

何度歩いても、この山の尾根は素晴らしい。癒される。
紅葉も見れたし、ナメコもあったし(笑)
いい山歩きだった。。
また詳細はHPのレポで。。


画像
歩行距離11,2K +1103M -1117M


"千石山~若狭駒ヶ岳" へのコメントを書く

お名前[必須入力]
ホームページアドレス
コメント[必須入力]