玄蕃尾城跡

梅雨明けから全く雨が降らず、酷暑が続いていて
いい加減にうんざりだ。
夏風邪はほぼ完治したようだが、体がどうも怠い。


画像

実は今日も野坂岳へ登り始めたのだが
トチノキ地蔵付近で一匹の物好きなアブに好かれ
いつまでも付き纏われ、行者岩への分岐の所で
「このクソ暑いのに、お前なんかと付き合っておれん!
止めた!止めた!」と、とうとう心が折れた(_ _;)

調べてみると、首の後、肩、腕など数カ所刺された。
この時期にアブが出るのは普通なのだが
こんな極悪ストーカーのようなアブは初めて。
よっぽど私の血が好みだったのかしらん♪(^.^)
まあ、これも異常なこの夏の仕業なのか。。


画像
画像

野坂で初めて?見る植物。
もしかして、ウバユリだろうか???
葉が似ているのだが、間違ってたらゴメンちゃい(^^ゞ


下山しても時間が早いし気分も悪いので
滋賀県境の柳ヶ瀬山にある玄蕃尾城跡を見に行く事にする。

実は今年の春に美浜町の国吉城跡に行った時に
一人の山城ファンに会い、玄蕃尾城跡の素晴らしさを聞かされたのだ。
去年、新たに続日本100名城が選定され
NO140に玄蕃尾城跡の名がある。
その人が言うには、「玄蕃尾城跡を見ずに山城は語れない」とも。
何か嘘っぽい話だが、久しぶりに行ってみようと思ってはいた。


画像
画像

記憶があまりないのだが、以前に私が来た時は
まだ舗装がされてなかったと思う。
こんなトイレもなかったはず?

置いてあるノートを見ると土日はもちろん、平日もほとんど誰かは
来ているし、東京や神奈川から来ている人もいて
人気の高さに驚いた。


画像
画像
画像

少し上るとすぐに古道らしくお地蔵さんがあり
久々坂峠(刀根越え)に着く。

玄蕃尾城は有名な賤ヶ岳の合戦時の柴田勝家の陣地であるが
実はそれ以前に織田信長と朝倉義景の刀根坂の戦いがあり
この峠付近はかなりの激戦で、多くの死者が出たらしい。

野坂のあの暑さは何だったのか?というぐらい
登り口に着いた時、物凄く涼しいのに驚いた。
上って行くうちに、だんだん背筋まで寒くなってきた気がした。
もしかして、亡霊なんか???(^_^;

峠から真っ直ぐ行けば柳ヶ瀬の集落に下りるし
右へ上れば行市山へ行く事もできるが、藪が多いので
私はこの先も、おそらく好んで行く事はないと思う(^^ゞ


画像

峠から左に急な坂を少し我慢すれば、広い尾根上になる。
雰囲気はいいのだが、西が植林というのがイマイチかな。


画像

玄蕃尾城跡の入口。


画像
画像

以前来た時に広かったという印象があるが、やっぱり広かった(笑) 
そして立派である。

本丸を中心にいくつもの郭が張り出され
城の周囲は空堀が造られている。


画像

広い本丸跡だが、これだけ城跡が綺麗に残っている理由は
柴田勝家は、ここで戦わずして撤退したからだとか。
つまり、逃足が早かった?(笑)


画像

私が見て周っている時に一人の女性が現れ
次に見た時にはもういなかった。どこへ消えた?
まさか、今度こそ???(笑)

私は城の事はよく分らないが、こうしてじっくり見てみると
素人でも立派な事がよく分った。
しかし今でも涼しかったのが不思議に思う(笑)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

梨丸
2018年07月29日 21:59
オッ、TABが見られなくなった今、野坂で初めてお目にかかったウバユリの今後に注目したいと思います(^_-)
立派な花を咲かせてもらいたいもんですね‼

ちなみに、ゾクっとする感覚は必ず理由があるんだそうです)^o^(
きっと、SIVAさんの側で◯◯◯◯が◯◯◯◯してたんと違いまっか⁉
、、、なんちゃって(^^;;
SIVA
2018年07月30日 06:01
☆梨丸さん

TABはずっと気になって注意をしているんですが
やっぱりどこかへ雲隠れしたみたいです。
盗掘って事はないでしょうし。。(笑)
ウバユリは私も期待しています。

私は霊感はないと思うんですが、どうもこういう過去を知ると
ヘンな緊張感が湧いてきてしまいます。
どうせ出るなら、やっぱり女性の方がいいかな?(笑)
夏は怪談でしょう!(笑)

この記事へのトラックバック