野坂岳

昨日の野坂岳は素晴らしかっただろう。
あの冷え込みと、あの青空!
街から見る樹氷で真っ白になった野坂岳が美しかった。
私は溜息を付きながら眺めるだけ。。(^_^;

今日は気温が上り樹氷は期待できないが
先日の寒波で積雪がまた増え、雪山らしさ味わえそうだ。


画像

施設までは車で上れるが、停めるスペースがないので
一番下の駐車場に置くしかない。
少し憂鬱・・(苦笑)


画像

ショートカットした道を登山口まで登るが、これで一仕事した気分になる。(^_^;


画像

初めは少し緩んでいたトレースの雪も、すぐに程好い硬さになる。


画像

トチノキ地蔵さんも雪に隠れ、いよいよ冬眠に入ったようだ(笑)


画像

冬道に入り、いよいよ鍛錬の上りが始まる。(^_^;
前回と違い、真っ白なトレースが気持ちいい。


画像
画像

雪の花もほとんどなく、連続する急登をひたすらマイペースで登るのみ。
トレースがしっかりしているので、辛いが歩き易い。

右上に一ノ岳が見えてくると、もう一上りだ。


画像
画像

一ノ岳に到着。
白山は見えないが、予想に反してまあまあの展望だ。(^^ゞ


画像

一ノ岳の標柱は雪で埋っているが(ストックの所)
せいぜい1Mちょっとぐらいだろう。


画像

今日はなぜだか黒い・・二ノ岳と三ノ岳!(苦笑)


画像

稜線に上る所に雪庇ができるのだが、まだまだ小さい。

風が大きな音を立て吹いていて、一気に体温が奪われる。


画像

二ノ岳の標柱。
積雪は一ノ岳とあまり変わらないようだ。


画像
画像

どう見ても黒いブナ林。
昨日の樹氷はどこに???(苦笑)
(かなりしつこい(^^ゞ)


画像

三ノ岳の標柱だが、ここもあまり変わらないようだ。

下りて来られたお姉様が、山頂は酷い風だったと嘆かれる。


画像
画像

同じ木だが上の写真が今日で、下の写真が昨日写したもの。
(H氏から無断で拝借しましたm(_ _)m)

えらい違い!
とても同じ木とは思えませんです。(_ _;)


画像

もう少し藪が埋ってほしい。
二度も枝パンチを食らってしまった。(^_^;


画像

小屋の戸が壊れていて入れないようだが
裏の積雪期用からは入れるだろう。


画像

山頂の気温事態はマイナス1度と暖かい方だが
とにかく風が強く我慢ができない。


画像

もう一降り、二降りしてくれるとありがたい。


画像

小屋前で風を避けながら景色を眺める。

やっぱり立体的に見える雪の景色は格別だねぇ~
何度見ても飽きない。


画像

出会いは8名だったか?


樹氷がないとか文句を言っているが、終始歩き易く・・
気持ちのいい雪山を堪能でき満足♪
贅沢を言えば、積雪がもう50センチ増えてくれないだろうか?(^^ゞ



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

梨丸
2017年01月30日 16:07
真っ青なお空と真っ白な樹氷だったなら、、、残念無念でしたねぇ😅

ところでSIVA さん、雪の野坂岳はツボ足で登ってらっしゃるんですか⁉

こんなに積もってるとスノーシューの出番かなぁって思ったりもしたんですけど、スノーシューはまだ必要ない?
SIVA
2017年01月31日 09:09
☆梨丸さん

青空と樹氷というのは、私の永遠のテーマのようなものですね!(^_^;
この辺ではそう滅多に見られません。

雪の野坂でもオールツボ足ですよ。
常連さんにトレース作りを専門職のようにやっておられる方がいますので
かなりの積雪があっても、翌日には立派なトレースが付きます。
本当にありがたく感謝しています。

この記事へのトラックバック