三十三間山(能登越から周回)

今日は最初白山に行くつもりだったのだが
前夜になって天気予報がどうも怪しくなる。
私の場合は晴れの予報でも危ないのに
こんな状態では先が読めてしまう。(^_^;
あっさりと諦めるが、こちらの天気は良さそうだ。
涼しい山というと、三十三間山が頭に浮かぶ。
そういえば、岐阜の吉永小百合が能登越の事を気にしていたようだし
時間もたっぷりあるので、久しぶりに能登越から周回する事にした。

そんな事を思っている前夜遅くに、今度は岐阜の高島礼子御一行が
木曜日に三十三間山に遠征して来るという。
今日だったらピッタリだったのに、非常に残念である。
ま、匂いぐらいは残しておきたい(笑)


画像

車を道脇の空き地に停め、八幡川沿いの林道の能登野線に入る。
以前は車で入れたが、今は獣避けのフェンスがある。(6時25分)


画像

緩やかな林道を歩いて奥に行くと、新しい堰堤の工事をやっていた。
前の面影はなく、林道も新しく付け替えられていた。


画像
画像

工事現場の奥に旧林道を見つけ、少し行くと終点。
渡渉して登山道に入る。(7時05分)
ちなみにこの林道は、約2.5Kあった。


画像
画像

初めは植林の中、テープを拾いながら進むが
やがて深く掘れた古道になってくる。
道は緩やかだが、倒木が多くて意外に歩き難い。


画像

涼しい空気の中を黙々と歩いているうちに
急に雨が降ってくる。すぐに本降りに。。(^_^;
「ありゃぁ~ こんなはずではなかったのに!」なんて思っても仕方がない。
雨具を着込み、修行?の歩きとなる。
何れすぐに止むだろう。


画像

もうすぐ稜線かという時に、突如として真新しい運搬用のレールに寸断される。
一体何に使うのだろう?
レールに沿って左に少し行くと、また登山道に入れた。


画像
画像

稜線に上り、右に少し行くと能登越に出る(8時40分)
重機の向こう下には先程のレールが走っていた。

少し小降りになったものの、一向に雨は止まない。
か弱い心が折れそうになる。(^^ゞ
戻るのも地獄か?進むのも地獄か?(どっかで聞いたセリフ)
ならば、進んだ方がいいだろう!(止む事を信じて)


画像

能登越から暫くは道が怪しいので、テープに要注意。
やがて雨は止んでくれた。(信じる者は救われる・笑)


画像

開けた場所に出ると、前方に838のピークが見える。
だんだんと周囲の景色が見えてきた。

そういえば以前に、みれ殿と、つかさんと三人で歩いた時に
ここで何かを食べたのをふと思い出す。
あの頃は皆初々しいかったのに、今じゃ・・私だけ。。(^^ゞ


画像

この稜線はアップダウンはあるものの、急坂と呼べるような箇所はない。
P838に近付くとブナ林が現れ、美しい道になる。


画像

P838(10時05分)
花はトリカブトが咲き始めている。


画像

三十三間山の山頂近くまで、いい雰囲気の道が続く。


画像

ようやく山頂に着く(10時30分)
ここは見晴らしは全くない。


画像

明日は高島礼子御一行がここに来るので
コンビニのドーナッツで悪いが、置いておこう!(笑)
(他に誰も登って来なかったので、もしなかったら獣かも?)


画像

さあ~て草原に下りて、昼食を食べよう。
青空が広がり、素晴らしい天気になってきた。
予想通り風があり、陽射しがあっても暑くはない。


画像

景色もバッチリ!
三方五湖や日本海もよく見える。


画像

小浜湾の奥に青葉山も見える。


画像

手前は三重嶽、奥に比良の武奈ヶ岳も見える。
最高の展望♪


画像

芝の上に座り、昼食を食べながらまったりと過す。。
最高だね!明日もきっとこんな展望のはず!


画像

下山は倉見へ下りる。
振り返って見る草原と山頂。


画像

稜線から別れ、雑木林の中の急坂を下る。
赤土なので濡れて滑り易い。


画像

約中間地点の夫婦松。
枯れて切られて無残な姿だ。
ま、こういう夫婦は下界にもたくさんいるだろう(笑)


画像

沢の音が聞こえてくると、やがて植林になって「最後の水場」に着く。
後は長い林道を下るだけだ。


画像

倉見の登山口の駐車場に着く(13時00分)


画像

約2.2Kの車道を歩き、車へと戻る。
山頂、歩いた稜線を眺めながら。。


画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

かみちゃん
2013年08月28日 21:16
へぇー、今も変わらずSIVAさんだけ初々しいんや…
ふーん…
つまり、わたしと一緒やね(^○^)
高島礼子
2013年08月28日 21:50
ドーナツありがとう
現金でもよかったかも
匂いをたどってみます
良い展望に期待大
吉永小百合
2013年08月28日 22:10
げー!!
行ってしもうた~~
って、ことはもういかへん?ってこと、、、

あの広い展望のとこまでは行ったような気がする、、、気が、、、する。。。
SIVA
2013年08月29日 04:52
☆かみちゃん

はぁ?かみちゃんが!?(^_^;

私、普段は酒は飲まないんです。
まして、そんな水のようになんて・・(^ー^)
SIVA
2013年08月29日 04:56
☆気持ちは高島礼子さん

今日はぜひ楽しんで来て下さい。
素晴らしい山になる事を祈ってます。

って、私が言うとあまり良くないので、控えめに。。f(^-^;
SIVA
2013年08月29日 05:07
☆気分だけ吉永小百合さん

いやいや違うんです。何時でも行きますよ。
ただ記憶にあまり残っていないので、吉永小百合さんのような暴れ馬の方との場合(笑)
私もかなり真剣にならないといけないので、確認の意味もありましたのです。

この真面目な性格が、時々嫌になります。f(^-^;
みれ
2013年08月29日 16:09
なんだ、昨日行ってたんや・・・
私は今日行ってきた(笑)
山頂間近で会えて山頂で焼きそばや
フルーツをお腹一杯ごちそうになって
申し訳ないくらいでした。
例の置き土産も美味しく食しました。
大丈夫でした(~_~;)
ありがとうね
乱丸
2013年08月29日 17:34
昨日は白山やなかったんやね此方は昼から登れる手頃な所へ行ってました山頂は風があって結構涼しかった川遊びの子供や犬の方が楽しそうだったね山より川が良いかな。
SIVA
2013年08月29日 18:04
☆みれ殿

今日は暴走後でお疲れのところ、ありがとさんでした。
やっぱり行くと思ってましたし、周囲の景色の説明もばっちりだったと信じています(笑)

久しぶりの方もおられて、あの草原での宴会?は最高だったと思います。
もうちょっとマシなものがあれば良かったんですが
その時の思い付きであのようになってしまいました。f(^-^;
SIVA
2013年08月29日 18:12
☆乱丸さん

最近は思春期のせいか、前ほど白山に執着心がなくなってしまいました。
よっぽど天気が良くないと行く気が起きないんですよ。
困ったもんです。(^^ゞ

最近はすっかり秋らしくなってきたので、もう低山でも十分遊べますね。
付き人
2013年08月29日 22:00
高島礼子がお世話になっております。
本日はワタクシ、運転手でしたので、一晩寝かせたドーナツは口にできませんでした。
SIVA
2013年08月30日 05:26
☆付き人さん

そろそろ高島礼子と打つ時に震えがきております(笑)

昨日は遠路遥々お疲れ様でした。
若さ?の空気をたっぷり吸い込んだドーナッツでしたのに。。(笑)

この記事へのトラックバック