愛宕山

先週は悪天候で潰れ、今日もいまいちの天気。
野坂岳でもいいのだが、さすがに4連荘は避けたい。(^^ゞ
やがて悩むのも面倒になり、天気の心配のなさそうな京都へ出掛けた。

愛宕山は以前から気になっており、一度は行ってみたいと思っていた。
山頂にある愛宕神社は火伏せ、火除けの神様で
全国に900余りある愛宕神社の総本社で有名。
ここに参れば頭に火がついてカッカする事もなくなるだろうし
お尻に火がつく心配もなくなるだろう。(^_^)

「もしもし、また適当な事ばっかり言うとるし!」f(^_^;


画像
画像
画像

表参道から登り始めるが、いきなり急な階段の連続で参った。
距離4K、標高差800M余りが「こんな階段ばかりだったら死ぬし!」
「助けてくださいまし!もうイヤやし~!」とか・・
二人で文句をたらたらと言いながら登る。(^^ゞ
まあ、御利益はもう諦めよう。(^ ^;


画像

地道で平坦や緩やかにもなるが、基本は階段が続く。
水尾分岐付近から参道を離れ、旧ケーブル駅の廃墟を見に行く。
昔はわりと楽に参れたらしい。


画像

参道に戻って少し行くと、いよいよ黒門があって境内に入る。
下はアイスバーンになり、注意をしないと滑る。


画像

社務所の近くには意外にも霧氷があり、とても綺麗だ。
気温はマイナス2度。


画像

本殿までが、またもや階段の連続。(^ ^;
おまけにここも凍っていて、これまたよく滑る。


画像

ようやく本殿に着き、参拝してお札を購入。
昼食は社務所の横の休憩所を利用する。


画像

林道を歩いて、少し離れた三角点に向う。
天気はいいのだが、霞んでいて京都の街がよく見えない。
こんなはずはないと思っていたのだが・・
現実はいつも私には厳しい。(^ ^;


画像

三等三角点。
ここからも展望はいいと思うのだが・・?(^ ^;


画像
画像
画像

林道を戻って、分岐から月輪寺へ向う。
小ぢんまりしたお寺だが、親鸞聖人の時雨桜などがある。


画像

林道に下山し、隣の遊歩道で空也滝を見に行く。
空也上人が修行をしたといわれる滝だ。


画像

戻って林道を暫く歩き、駐車場へと戻った。

展望はいまいちだったが、穏かな陽射しが嬉しかった。
これ以上の階段を上る事は、この先おそらくないかも?(笑)
ようやく愛宕参りができて満足。感謝♪

HPのレポ

http://siva36.main.jp/atagoyama250124.html

「帰りに娘のとこへ寄るし~」
はい、みれ殿の娘さんも私の娘も、この京都に住んでおります。



画像

バナナが突き刺してあって奇妙ですが、みれ殿の新作です。
名前は覚えられるわけがありません。f(^_^;
味見(毒見?笑)しましたので、そのうち皆さんに!?



画像









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

いきっこ
2013年01月25日 23:09
こんばんは。
私が出る幕は無い程ぐるりと歩かれて
良かったですね
表参道の階段歩きは初めてのお方には
是非歩いていただきたい登山道です・・ナハ
わたしは決して歩きませんが(笑
登山口、あと5コース程ありますので
是非、走破にお越し下さいませ
山頂は変わりませんが・・・アハ
SIVA
2013年01月26日 06:11
いきっこさん、おはようございます。
急な事だったので、断りもなしにお邪魔してしまいました。(^^ゞ
初めてなのでバチが当たると思い表参道を行きましたが
なかなか手強い階段でしたね。麻呂の気分は吹き飛びました(笑)
でもいろいろな歴史物を見るに従い最初の強烈な印象は薄らぎ
京都らしい雰囲気を味わさせていただきました。
なかなか良かったという実感が今湧いています(笑)
また機会があれば、ぜひよろしくです。
ジオン
2013年01月27日 21:44
何年か前、登りましたが、
登りの表参道でヘロヘロ(泣)
最後尾でよろよろと、
階段を登った思い出があります。

あの時はチー様の案内で、
雪景色も素敵な山でしたが
階段恐怖症になりそうな山でした。

石柱に刻んであった
3000回とか登った人、、尊敬します
SIVA
2013年01月28日 07:40
ジオンさん、少しでも名の知れたとこは、さすがに登られてるんですね。
あの方の案内ですと、御利益の方がちと心配ですけど!?(笑)

あの階段を経験しておけば、この先大概の階段にはビビらなくなる気がします。
そういう意味では実に有意義な山行たったと思えるのです(笑)
でも3000回は・・・人間技とは思えませんねぇ。(^ ^;

この記事へのトラックバック