大御影山~大日岳

最近、ガソリンの値段がじわじわと高くなってきた。
そんなわけで今日も地元の山で遊ぼうと、隣町の美浜町新庄へ向う。
(行く時は行きますが。。(^^ゞ)
大御影山~大日岳の周回。(単独)

新庄の松尾集落から能登又谷林道へと入る。
以前なら大日開拓地へとの分岐付近に車を止めるのだが
少し先に新しい堰堤ができ、その先に少し広い空き地ができていた。


画像
林道を15分ぐらい歩いて白谷登山口へ。
ここから下って本流を渡渉し、前方の支流沿いを進む。
2、3度渡渉し、少し行った所から右の斜面に取り付く。
テープ類は少なく分かり難い。
急な斜面を尾根上へ向って登るのだが、ここもテープ類は少なく
おまけに道は、微かな踏み跡程度があるかどうか。


画像
画像
尾根上に上がっても急坂が続き、汗が流れる。
薄いテープと踏み跡を探しながらで気も疲れる。
私の50Mぐらい横を、子連れの猪が猛スピードで斜面を駆け上がって行く。
私もあれだけのパワーが欲しい!(苦笑)
ブナが現れ、ユズリハの群生地などもある。


画像
標高750M付近で古道が現れ、かなり歩きやすくなる。
強い風が吹き抜け涼しい。


画像
潅木地帯に入り、暫くして右に回り込んで行く。
潅木地帯を適当に抜けるとカヤノ原に出るが・・

なんじゃこりゃ!!! の真っ白な世界!(^ ^;

私が驚くのはおかしいかもしれないが
今日はこんな状態だとは思っていなかった。
ガスがなければ目の前に大御影山のシンボル?の反射板が見え
後方には海も見えるはずなんだけど???(>_<)
おまけに帽子が飛ばされそうなぐらいの強風。
ま、これは涼しくてありがたいが。。


画像
画像
近江坂に合流して、大御影山山頂(950.1M)に着く。
まだ9時なので、当然ながら誰もいない。
ただガスを眺めて涙するだけ。。f(^_^;


画像
山頂で30分ぐらい遊んで、大日岳へと向う。
古道の近江坂は深く掘れ、歴史を感じさせてくれる。


画像
だんだんとガスは晴れ、青空が見えてくる。
三重ヶ岳も姿を現す。(少し早過ぎたか!(^ ^;)


画像
道脇を彩るのはトリカブト。
ホトトギスも少しある。


画像
画像
画像
近江坂といえば、やはりこの美しいブナ回廊。
涼しい風が吹き抜け、それはもう快適の一言だ。


画像
画像
画像
画像
画像
画像
でもでも、三重ヶ岳分岐を過ぎてからの
大日尾根のブナ回廊の方が、木は細いが素晴らしいと思う。
こんな回廊が大日岳の手前まで(1K以上?)続くのだから。。
誰でも森の妖精になれます(笑)

高島トレイルを歩く人は三重ヶ岳分岐までなので
このブナ回廊は見られない。


画像
鉄塔が現れると、大日岳山頂はすぐ先。
すっかり青空が広がり、奥に野坂岳も見える。


画像
三十三間山も。


画像
大日岳山頂はピークでもなく、書いてなければ分からないし
展望も全然ない。
11時を過ぎているので、涼しい風に吹かれながら昼食タイム。


画像
下山は山頂の少し先から鉄塔の巡視路を下って行く。
陽が当たるとさすがに暑い。


画像
歩いて来た大御影山も見える。
この天気が朝からだったら良かったのに。。(^ ^;


画像
画像
巡視路の分岐に注意をしながら
最後は沢沿いに歩いて林道に出る。
この入口には「三十三間山へ」と書いてある(笑)
林道を25分ぐらい歩いて車に戻った。

やっぱり近江坂のブナ回廊は一級品だ。
紅葉の時期に来ようといつも思うのだが
他の山が気になってついつい忘れてしまう。
あきませんなぁ。f(^_^;


ちなみにこの白谷コースは、初心者(だけ)には勧められません。


画像
沿面距離11.9K 累計標高差1284M








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

みれ
2012年09月15日 11:25
お休みでしたか~
しかし何で山頂はガスガス?
ま、涼しげで良かったです
大日尾根のぶな回廊はいいね
また秋に行きたいです(予約)

こちらは旗護山MTBで大汗とくもの巣まみれでした
SIVA
2012年09月15日 18:49
みれ殿、何でガスガス?って言われても・・
これが私の普通です。(>_<)
でも、めちゃくちゃ涼しくていい気分でした(負け惜しみ?f(^_^; )
白谷コースは、前以上に分かり難くなっていましたね。
周回するには理想のコースなんですが。。
みれ殿には泣いて喜ぶようなコースを残してありますよ。
ただ、黒河林道が通れるようになっているかが問題ですが。。
あそこはきっとナメコの宝庫ですよ。
これでピンときたのとちゃいますか?(微笑)

旗護山をMTBでとは思ってもいませんでした。
またクモとの格闘!?
ご愁傷様としかいいようがありません(笑)
つか
2012年09月15日 19:55
いや~なかなかのブナ林ですね。
若狭の山って意外にブナが多いですね。
ブナって聞くと奥越などの雪深い山を連想しますが
先日の大長なんかそんなに見ごたえのあるブナは少なかったです。
SIVA
2012年09月15日 21:08
つかさん、こんばんは!
若狭の山は里山ですから、いろいろな理由で人が手を入れてきたと思いますよ。
ブナって役に立たない木なんて言われる事もあるようですが
昔からいろんな物に使われてきたようです。
2012年09月16日 23:37
ここからのコース行ってみたいんですけど、、
初心者ではないんですけど、
行けますでしょうかぁ~?
SIVA
2012年09月17日 06:25
大先輩の姫殿、ここにはカニのヨコバイもタテバイもありませんよ。
冬に越前ガニがあるかもぐらいです。
鍛えられた抜群?のヤマカンもありますし。。
何れ歩いてもらう事になるでしょう。

この記事へのトラックバック