野坂岳

昨日、昨夜と降り続いた雨も、朝8時頃には止んでくれた。
今日の山は諦めていたのだが、せっかくなので野坂詣でに出掛けた。
20日ぶりの野坂なので、一応久しぶりと言えるかもしれない。(^^ゞ


画像
通常の駐車場まで車で入れるし、道には全く雪はない。
2台の車が止まっているだけで、今日の野坂は淋しい予感だ。
まあ天気が天気だし、下からガスで真っ白ですからねぇ。
気温はかなり高く、寒いという感じが全然しない。


画像
登山口からの林道も、暫く雪はなく地道である。
やがて雪道となるが、少し雪が緩んできて歩きやすいとは言えない。


画像
ここから冬道は使われていないようなので、沢沿いに夏道を進む。
雪はかなり減っていて、所々地が見えている。


画像
トチノキ地蔵に到着。お久しぶりだ(笑)


画像
画像
トチノキ地蔵の先は、谷の雪の急斜面を横切るような感じで
少々気持ちが悪い。
それから冬道へと入るが、注意をしていないと稀にゴボる。
カンジキを付けようかと迷うが、微妙なので・・ワカンない。(^^ゞ


画像
結局ツボ足で行く事にする。
木の周りは雪解けが進んでいて、藪もだいぶ出てきている。


画像
急な冬道を登って行くが、周囲の景色は全く見えない。


画像
一ノ岳展望所付近に着くが、足元に神経を使う分疲れる。
周囲は相変わらず真っ白け。(^ ^;


画像
左にニノ岳や、三ノ岳が見えてくるのだが?(^ ^;
稜線からゴォーという風の音が聞こえてくるが、気持ちのいいものでない。


画像
穂高さんが下りて来られる。
昨日は締まっていて歩きやすかったそうだ。
日によってかなり違うが、こうしてだんだん春に向っていくのだろう。


画像
画像
稜線に出るが、風は思ったほど大した事はない。
道も少し歩きやすくなった気がする。


画像
二ノ岳の標柱も、ようやく見えてきた。
もう一人の登山者と擦れ違ったので、この先は私一人だ。


画像
凍り付いていたブナ林も、生き返ってきた感じがする(笑)


画像
今期の霧氷は終り。
また来年に楽しませてくれるよう期待したい。


画像
小屋下の急坂だが、本当に周囲は全く見えない。


画像
避難小屋に到着。
20日前の半分以下の積雪で、すでに正面から中へ入れるようになっている。


画像
山頂も雪がかなり溶けてきている。
さすがに少し寒いが、やっぱり真っ白け。


画像
白山が見える角度はこのぐらいか。。(^ ^;
他に誰も登ってきそうにない。


画像
小屋に入り、家から持ってきたオニギリを食べる。
家から出る時、珍しく相方が「山で食え!」ってくれたものだが・・
「その代わり、帰って来ても何もねえからな!」ってさ。
山も家も厳しい。。(_ _;)


画像
下山はカンジキを付ける。
帰りはいっそう雪が緩んできたので、かなり楽に歩けた。


画像


結局、今日の野坂は私を含めて三人だけ。
それはともかく、最初から最後まで・・
こんなに下の景色が全然見えなかったというのも珍しい。
ガスを見に行っただけかも?(_ _;)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

穂高
2012年03月06日 19:41
こんばんは
ガスを見に行っただけ
その通りでした

でも sivaさんの記事は いつ見ても 楽しいです
このくだり
思わず笑っちゃいました
(家から出る時、珍しく相方が「山で食え!」ってくれたものだが・・
「その代わり、帰って来ても何もねえからな!」ってさ。
山も家も厳しい。。(_ _;) )
何か 他人事とは 思えない・・・・・
 
SIVA
2012年03月06日 20:24
穂高さん、こんばんは!
いつもお世話になっています。
また、毎日本当にご苦労様です。

今日の野坂は一度もサービスなしで、冷たかったですが
ま、たまにはそういう事もあるでしょう。

穂高さんのとこは違うと思いますが
私の相方は山に理解が全くありませんから
日頃、本当に苦労しているんです。
思ってもいないお世辞を、どれだけ並べている事でしょう。(^ ^;
チー
2012年03月07日 09:24
いやぁ、腐った雪にツボ足トレイス、未だ土曜の記憶が生々しくて、見てるだけでわなわな、、(笑)でもきっと今回も、前のカメラですよね?

しかし、暗鬱な魚屋天気に燦然と輝く2個のおにぎり、素晴らしいぃ~~~~ヽ(^o^)丿
このくらい書いたら、私の分も一個は出る?(笑)
SIVA
2012年03月07日 18:08
チー殿、とうとう期待にお応え?したような感じになってしまいました。(^ ^;
しかし魚屋天気とは、実に上手いいい方をしますねぇ。
おにぎりでも、とっておきの爆弾を差し上げたい心境です(笑)

カメラが気になります?
山では壊れるまでは、今までのカメラを使いますよ。
前の記事に、貴方の母国語を写したような写真がありますが(笑)
これが新しい方のです。

この記事へのトラックバック