越知山(続)

画像

総勢8名の私以外は個性溢れ過ぎる豪華メンバー。
どうやら私も今日だけ普通にいられそうだ。(^^ゞ
しかし、晴れると思って合羽を持ってきていない人もいて
「北陸の天気をナメんなよ!」
とは思っても口には出せなかったが
激しく降り出していた雨も、全員が揃う頃には止んでいた。
泰澄さんの御慈悲があったのかもしれない。


画像

泰澄大師が若い頃に修行に通った泰澄の道。
植林や竹林の中を緩やかに登って行く。
見える景色は雲海が広がり、メンバーと同じく墨絵のよう。。


画像

登山道は雨に濡れ、落ち葉もあってかなり滑り易い。
アップダウンに不満の声もちらほら聞こえたが
しっとりと濡れた木々の雰囲気はなかなか良い。
紅葉をかなり期待していたが、ほんの少し早かったようだ。


画像

独鈷水の分岐にある御堂で小休憩。
雨で寒いと思っていたが、意外に暖かくてかなり汗をかいた。


画像

「独鈷水を飲むと若返るらしい」
なんて適当な事を言って見に下りた人
・・若干2名様。(^_^)


画像
画像
画像

やがて、ほんのり染まりかけのブナの美林が続き
美的感覚があるように思えない人でも足を止めてしまう。


画像

標高のわりには長い道程に不満が出始めた頃
ようやく越知神社に着く。


画像

越知神社のすぐ隣下にある室堂。
車を見るとテンションが下がるが
まだ少し先の奥の院のある山頂を目指す。
イチョウの落ち葉が綺麗だ。


画像

山頂に着く。
途中の縁結びの神を真剣に拝む人もいたようだ。(^_^)
三角点は奥の院の横にある。

あまり休憩もせずに、そそくさと下山。
実は昼食はここでせずに
越前町厨のkayo殿推薦の店に行く事になっていた。
しかし昼も近い事もあり、「腹減った~!」
の嘆き声が、越知山に木霊し始めていた。(^ ^;


画像

急ぎ足になるが、濡れて滑り易い悪路がそれを阻む。


画像

ついに老師がしびれを切らしてか・・
華麗なスライディングを披露してくれた。(^_^)


画像
画像

途中で車での迷走もあり、店に着いたのは2時半になっていた。

1日50食限定のおまかせ定食は、今日はカニ付きだった。
しかし隣のトラック乗りの五十肩のオネエサマは
見かけによらずカニは全くダメだとおっしゃる。
越前ガニが解禁になったばかりのこの地に来て
それはあまりにもズッコケである。
でも出されたカニがヤマガニだと聞いて・・
またズッコケましたけど。。(^ ^;
しかしどれもが新鮮で、とても美味しかった。


最初は天気が悪くてかなり心配したが
食事だけにならずに本当に良かった。
感謝♪



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

風花老師
2011年11月17日 06:55
スライディングしながらも、洗ったばかりのオケツは汚さなかったというのが、さすがだったなあと独り悦に入っているワタシです。
SIVA
2011年11月17日 08:14
老師様、惚れ惚れするような加齢、いやカレー
いや華麗なワンシーンでした。(^^ゞ
あれはケツを洗われた独鈷水の怒りかもですよ。(^_^)

この記事へのトラックバック