湖北武奈ヶ嶽

今日は久しぶりにkayo殿との山行で、湖北の武奈ヶ嶽へ登った。
この山も高島トレイルの人気で通過点みたいな存在になり
可哀相に思えてしまう。
なので一般的?な角川林道からではなく
杉山からの周回コースとした。
他のコースはきっとまた歩く機会があるだろう。

これは余談だが、「若くなったみたい!」「痩せた?」
この二つの言葉は女性に対しての礼儀として
私は最初に必ずかけるようにしている。(^^ゞ



画像
R303の水坂トンネルと寒風トンネルの間
高島鉱産の前の登山口から入って行く。
気温は低く、半袖では寒いくらい。
曇り空だが、これは晴れ女さんが何とかしてしてくれるだろう。
しかし、最近はどうも調子が悪いとか?(^ ^;


画像
暫くは鉄塔の巡視路だが、橋は墜ち道は荒れている。

画像
三ヶ所の鉄塔を超えて行くが、展望がだんだんと広がってくる。
鹿の鳴き声が木霊する。


画像
画像
急な箇所も多いが、トリカブトの花が癒してくれる。
イオナ展望台で小休憩。
しかし、イオナってどういう意味だろうか?
化粧品は絶対関係ないと思うのだが。。(^^ゞ

「静かだ!」と言いたいところなのだが
今津の演習場から時折爆発音が響き渡り
私のようなノミの心臓には良くない。(^^ゞ
kayo殿のようなゾウの心臓でも
音に慣れるまではビックリしたようだ。


画像
この尾根は不思議と低木が多く
展望の良い箇所が多いので、何度も立ち止まる。
存在感のある比良の武奈ヶ岳がせり上り
琵琶湖や小浜湾がだんだん見えてくる。


画像
ひっそりとある武神ヶ池。
獣達のオアシス?
地元ではこの山を、武神嶽とも呼んでいるらしい。


画像
殺風景な道沿いを彩ってくれるトリカブト。


画像
藪っぽい箇所もあるが、テープを頼りに進めば問題はない。
こうした整備され過ぎてない道が、かえって好感が持てる。


画像
前方に鹿ヶ原が見えてくる。
ここから一旦下って上り返す。


画像
鹿ヶ原へ上り返す途中で、また振り返ります(笑)


画像
画像
鹿ヶ原からの展望は素晴らしい。
「高曇りの方が、かえっていい!」
なるほど!物は言いようだ。(^ ^;
kayo殿は隣に見える三十三間山を、何度も眺めていた。


画像
鹿ヶ原から少し登れば、高島トレイルに合流して山頂に着く。


画像
山頂からは展望がないので、北に少し行くと素晴らしい展望地がある。
北には三重岳と三十三間山。


画像
若狭方面、小浜湾が正面に見え、微かに丹後半島まで見える。


画像
琵琶湖方面は、竹生島や伊吹山がよく見える。

山頂に戻って昼食にした。
じっとしていると、さすがに寒くなってくる。
連休後のせいか、誰も登って来なくて静か。


画像
下山は高島トレイルを水坂峠へと向う。
自称、「高島礼子が高島トレイルを行く~」 か、、、
ま、何も言う事はございません。(^ ^;
比良も、しっかりと見える。


画像
画像
痩せ尾根があり、植林の中はかなりの急坂。


画像
鞍部から古道?でショートカット。


画像
古道はすぐになくなり、沢沿いを適当に下ってR303に出た。
歩道を20分ほど歩いて駐車地へ。

静かで雰囲気良し!展望良し!ついでに気温も良し!(笑)
手頃で素晴らしい山行だった。感謝♪

画像



おまけ

画像
kayo殿が前から国道沿いにある案内板が気になって
仕方がない!と言っていたのを思い出し
ついでに案内をさせていただいた。(深坂地蔵)
しかし、サンダルで1Kも地道を歩くのは辛い。
でも、きっといい事があると思います。

知らんけど。。(^^ゞ
















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのコメント

高島トレイコ
2011年09月27日 22:05
昨日はありがとうございました。
やっと高島トレイルの仲間に入った感じです、
展望バッチリ、満足100%でした!
今度、トレイル行ってみたくなりました、

また、よろしく!!!お願い!!
SIVA
2011年09月28日 05:51
た高島トレイコさん!?
うーん、座布団三枚と、ヤケクソでヘシコも付けましょうか?(笑)

先日はお世話になりました。
相変わらずの美貌を拝見しまして、嬉しゅうございました。
あっ、別に何も要りません(笑)

高島トレイルも、だんだん繋がって・・みたいな感じでいいと思いますが?
またよろしくです。

この記事へのトラックバック