白 山(続)

7月16日(土)

毎年夏の恒例となっている白山詣で♪
今年は梅雨明けがかなり早く、暑いが晴天も続いている。
だんだん「今行かなければいつ行くのか?」という気分になり
何とか丸一日空ける事ができ、みれ殿と行く事にした。
天気の心配をしないでいいのは精神的にありがたい。(^^ゞ

画像
いつものように観光新道へと入る。
しかし、歩き始めから足が重く息が切れる。(^ ^;
2時間ぐらいしか寝ていないので、寝不足か・・
情けないが、みれ殿に全く付いて行けない。(_ _;)

画像
みれ殿が待つ別当坂出合まで、かなり長く辛く感じた。
サプリメントを補給するが、この先かなり不安。
内心このままの調子だったら、黒ボコ岩から下りようとも思った。f(^_^;

画像
心中は大雨だが空は快晴だ!(苦笑)
ササユリ、ヨツバシオガマ、テガタチドリなどが咲いているが
この時期はこんなものか・・彩が地味な感じがする。

画像
そんな中、ニッコウキスゲの黄色が目に映えるようになってくる。
いつもこの時期はまだ梅雨の最中なので歩いた事がなかったが
こんなに咲くものかと驚いた。
「夜叉へ行かんでも良かったとちゃう?」と誰かさんは言うが、
あそこは私にとっは聖域なので別なのだ。(^ ^;

画像
白山釈迦岳。

画像
赤兎山や大長山。
少し調子が良くなってきて、やっと景色を見る余裕が出てきた。(^^ゞ

画像
ようやく殿ヶ池避難小屋に着く。
「何しとんよ!」と言いたそうな恐ろしい雰囲気が漂う。f(^_^;
裏の日陰で涼しい風に吹かれ、景色を見ながらの休憩は格別。

画像
毎回言っているが、やっぱりこの景色が好き!(^^ゞ
湿地にはキヌガサソウも咲いていた。

画像
別山。

画像
画像
画像
ますますニッコウキスゲが咲き誇り
特に馬のたて髪付近の斜面は素晴らしく感動する。

画像
黒ボコ岩に着くと、さすがに多くの人が休憩していて
砂防新道から次々と登って来る。

どうやら山頂まで行けそうだが、みれ殿が希望する剣ヶ峰までは余裕がない。
先にかっ飛ばして行ってもらい、山頂(御前峰)で待ち合わせる事にした。
気が楽になった私は、ここでゆっくり休憩。(^^ゞ

画像
スカッとした姿を見せる山頂と青空。
あまり見た記憶がない光景に心ときめく(笑)
道脇にはコイワカガミやチングルマなどが咲いている。
ハクサンコザクラも咲いているが、奥の方なのでよく見えない。(^ ^;

年輩の方が、五葉坂をかなり苦しそうに一歩一歩登っている。
「もう少しですから!」と声をかけるが
自分の心配をする方が大事なのを忘れていた。f(^_^;

画像
横で増築?工事が行われている室堂に着く。
池の周りはコバイケイソウが満開だ。
それほど人も多くなく・・また休憩。f(^_^;

画像
この一歩が山頂まで続く事を信じて歩き始めると(笑)
代表的な花の一つのクロユリが咲いている。
蕾もかなり多く、これから最盛期を迎えるだろう。

画像
道脇にはイワツメクサやイワギキョウが咲いているが
カメラを向ける気力はすでに欠しい。f(^_^;

画像
振り返ると、かなりガスが湧いてきている。
夏の高温時、晴天でも素晴らしい景色を見るには9時?ぐらいまでだろう。
ま、これはこれなりに絵になるとは思う(慰め?(^^ゞ)

画像
画像
最初はどうなるかと思ったが、どうにか山頂に着く事ができた。
ここまで長く苦しい道程だったが、自分を信じて良かった(笑)
やがてみれ殿が来るが、少し機嫌が悪そう。(^ ^;
どうやら思いは達成できなかったようだ。
また機会はいくらでもある(人事のように(^^ゞ)

画像
これは簡単に見つける事ができた。

画像
剣ヶ峰。

画像
池と大汝峰。

昼飯を食べていると、人がどんどん登って来て
記念写真はすぐに順番待ちに。。(^ ^;

画像
下山は砂防新道に入るが、上り下りの人でごった返す。(^ ^;

画像
新しくなった甚之助避難小屋。
下界に下るにしたがい、暑くてたまらない。(^ ^;
「アイス、アイス、アイス・・」と、誰かさんは夢遊病者のように呟いている(笑)

中飯場近くまでは登って来る人の凄い波にさらされ
疲れてうんざりしてしまった。
二度とこんな連休には来ない事を誓ったのだった。

最初はかなり不安だったが、どうにか白山詣でができ良かった。
あの素晴らしいニッコウキスゲは心に残った。
御迷惑をおかけした関係者の方には深く感謝します。f(^_^;


画像

画像

画像

画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

風花老師
2011年07月20日 19:02
昨年の夏に独りで歩いたコースです。
暑かったけれど、眺めは最高でした。
甚之助避難小屋が随分と綺麗になりましたねえ。
SIVA
2011年07月21日 08:36
老師様、花と展望を楽しむには、やっぱり観光新道は外せませんです。
砂防新道の南竜分岐から上は、今まで一度も上りに使った事がないんです。
老師様の方から近い平瀬道の紅葉も素晴らしいですね。

甚之助小屋は綺麗になりましたが、殿ヶ池小屋は変えてほしくないです。
勝手ですが。。(^^ゞ
つか
2011年07月21日 15:23
真っ晴れの白山、おめでとうございます。
キスゲの群落がすごいです。
無知な質問ですが、画像の「簡単に見つけられた」のって何?
SIVA
2011年07月21日 16:42
つかさん、ありがとうございます。
人の多さ以外はとても良かったです。
やはり夏は、白山に行かないと落ち着かないです。(^^ゞ

あれは亀のレリーフ?なんですが、山頂にある岩に埋められているんです。
どういう意味があるか全然知らないんですが。。f(^_^;
乱丸
2011年07月22日 20:38
白山は花が良いですね、観光新道なんぞは何年前に登ったか忘れるくらい前でニッコウキスゲが凄いですね、亀も気になるんですが暫くそちらへは行けそうもない。
SIVA
2011年07月23日 05:21
乱丸さん、白山にはやっぱり年に一度は行きたくなりますね。
福井の山屋にとっては特別な存在だと思います。
乱丸さんはアルプスでしょうね。新車ですし。(微笑)

この記事へのトラックバック