銀杏峰

春に山を再開した元同僚I氏と取立山に行く予定をしていたが
天気が悪くて中止になったので、また休みが合った昨日に再チャレンジ。
I氏の今度の希望は、まだ未踏の銀杏峰。
I氏は再開したといっても70才に近いし、早い梅雨明けでかなり暑いだろう。
不安だが、また次にという言葉は通用しにくい(笑)
願いを叶えたく短い小葉谷コースをピストンとするが、名物?の急登がある。
昔は荒島岳にも一緒に登った事もあるが、今の状態がよく分からない。
そんな不安だらけのスタートとなった。

画像
福井で合流して、8時半に登山口に着く。
ここの標高はかなり高いが、案の定の暑さである。
何時何度休憩してもいいので、とにかく無理をしないで
ゆっくりマイペースで登るようお願いする。

鳥居を潜って登山道に入ると、隣に作業道ができたせいか道が一部変わっている。
少し登ると再び林道に出合うが、早くもI氏から休憩の言葉。
まだ10分ぐらいしか経ってないのだが。。(^ ^;

画像
鉱山跡を過ぎて急登が始まると、またすぐに休憩。
すでに汗が滝のように流れている。
倒れたら困るので、いくらでも休んでもらっていい。(^ ^;

道脇にはシライトソウが咲き、ササユリも少し咲いている。
ヤマボウシの花が満開で、ゆっくり写真を撮る事ができる。

画像
画像
何度こうして休憩をしたか分からないが、
頭を見るとつい手を合わせてしまいたくなる(爆)

画像
標高1200Mから最後の急登。
無理せずに頑張ってくれ!としか言いようがない。

極楽平に近付くと、ようやく涼しい風が入ってくる。
裏切りかもしれないが、ここからは先に行かせてもらう。(^^ゞ

画像
極楽平は日差しがちょうど雲に遮られ、涼しくてほんとに極楽。
道脇にはアザミが咲き乱れている。

画像
画像
山頂手前の花畑には、ハクサンフウロやシモツケなどが
咲いていて楽しませてくれる。

画像
山頂に着くと、3人の登山者が休んでいた。
白山方面は雲が多くて見えないが、隣の荒島岳などはよく見える。

画像
姥ヶ岳(手前)や能郷白山(奥)なども。
北はダメだが、南の展望が良かった。

画像
何もする事もなく涼しんでいると、ようやくI氏が到着。
ちょうど3時間かかったが、無事に登頂できて何よりだ。

画像
ゆっくり昼食をとっていると、各務原の山の会の方々が名松コースから到着。
陽気なI氏はすぐに意気投合。
内気な私としては、こういう性格は羨ましい。(^^ゞ

画像
ほとんどの人がこれを見るとビックリするが
本物のキツネのナメシである。
冬に道で轢かれていたキツネをナメシてもらったもの。

画像


下山を予想すると、そんなにのんびりもしていられない。
午後からはより暑さとの格闘となり、2Lあった水も完売。(^ ^;
後ろから山の会の方々が下りて来るのが分かっていたので
また先に下りさせてもらい、車のエアコンで涼しんでいた。f(^_^;


無事に山行を終える事ができて本当に良かった。
内心不安だったと思うI氏も満足だったと思う。
欲を言えば、これで何かを悟ってくれるといいのだが
ま、それは性格からして無理かもしれない(笑)


画像













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2011年07月11日 23:10
いや~ 懐かしい!
同行人が、このコースのピストンだけは絶対ゴメン、、と言っていたのを思い出します。

キツネのナメシの殿様、まだまだお若い!
次のお昼は、菜飯のお稲荷さん?(笑)
SIVA
2011年07月12日 06:10
尼殿、もしかして・・同業者!?
同じ宗派とか!?(笑)

この季節にこの山に登るとは思ってもいませんでしが
私は常に年上の方を敬う気持ちが強く、逆らう事ができませんでした。
これはよく分かってもらえると思いますが。。
つか
2011年07月12日 09:01
すごい先輩がおられんですね。
きつねの皮をぶら下げているなんて。
雪山ならいざ知らずこの時期にはちと暑苦しいのではと(他人事ですが・・)
銀杏峰にはキスゲとかコバイケイソウは咲いていませんでしたか。
風花老師
2011年07月12日 12:56
銀杏峰と聞くと、いまだに熱痙攣しそうです。
それに虻、アブ、ABUの猛攻。
地獄の山だと思っとります。
SIVA
2011年07月13日 06:33
つかさん、見た目は凄いんですが、中身は・・?(笑)

キスゲは見かけませんでしたが、コバイケイソウはほぼ終わってました。
先日、オオヤマレンゲが発見されたそうですね。
耐暑訓練にはいい山だと思います(苦笑)
SIVA
2011年07月13日 07:10
老師様、地獄の山とは、かなり過酷な経験をされたようですね。
他の季節に、ぜひその悪夢を払拭していただきたいと思います。

姥ヶ岳の時に何かに腋の下を刺され、少し前に腫れがひいて治ったとこです。
ほんとにか弱い自分がイヤになります。(^^ゞ

この記事へのトラックバック