山・日々の戯言綴り

アクセスカウンタ

zoom RSS 貝月山(続)

<<   作成日時 : 2011/10/27 20:25   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

平成23年10月26日


半強制的になってしまったような貝月山だが、
紅葉が素晴らしいとなれば、ぜひ見たいものだ。
敦賀を出る時は小雨が降っていたが
こちらに来ると、雲が多いながらも青空が見えてきた。


画像

チー殿が以前に行った同じコースで、
貝月リゾートから第二ゲレンデの上まで車で上がる。
立派な避難小屋もあり、このコースはヒフミ新道とも呼ばれるようだ。
この山の標高が1234Mだから・・ヒフミシンドウとか?
この名を付けた人は、おそらく三日ぐらいは寝ずに考えたのだろう。

車から降りると、とにかく風が強く寒い。
最近まで暑かった今年も、やっぱり冬は来るようだ。


画像
広い緩やかな道を歩いて行く。
前は入った途端に紅葉のオンパレードだったとか・・
チー殿はやっぱり少し早そうだと呟いている。
スミレが一輪、狂い咲きか?
ムラサキシキブの実も風に揺れている。


画像
画像

標高が上がるにしたがい、青葉がだんだんと色付き
やがて私の頭のようにマッキッキになってくる。(^^ゞ
それにしてもシロモジの数が凄い。
行けども行けどもシロモジの黄色がほとんど。


画像
画像

太陽は時々雲に隠れる。
紅葉はやはり陽射しがないとダメだと
チー殿は陽射しを待っていたりもしている。
別に頭は光らなくていいらしい。(^ ^;


画像
画像

道はアップダウンは少しあるが、急登はほとんどない。
なので、体がなかなか温まらない。
やがて目の前に小貝月山が見えてくる。


画像

長者の里からのコースとの分岐。
私は以前ここから登っただけで、今回が二度目。

この道はほとんど尾根筋に付けられているので
至る所で展望が楽しめる。
相変わらず風は強く寒いが、
嬉しい事にだんだんと天気が良くなってきた。
どうやら今日は皮肉を言われずに済みそうだ。f(^_^;


画像

小貝月山は帰りに寄る事にして、先に山頂を目指す。

山頂付近を見ると、ほとんど葉を落としてしまっている。
紅葉は下では遅く、上では早いのだろうか?
どうもよく分からない。(^ ^;
風で全部飛ばされてしまったのだろうか?


画像

山頂への登りの途中で小貝月山を見ると
下の斜面がとても綺麗だ。


画像
画像
画像

立派な展望台のある山頂に着く。
ここからの眺めは素晴らしく、360度の展望だ。
御嶽や恵那山、能郷白山、小津権現や花房山などの奥揖斐の山々。
養老や鈴鹿、近くの伊吹や金糞、琵琶湖などがよく見える。

しかし寒い。
肉がないチー殿は凍えそうだと言う。(^^ゞ\(`o'")
風のなるべく当たらない展望台の下に潜り込み昼食とした。
これからは暖かい物の季節だ。


画像

下山を始めると光の状態が良くなり
「また、まだ撮っとるんかい!」っていう話。(^ ^;


画像

かなりしつこいです(笑)


画像
画像

小貝月山(1226M)に寄る。
ここは木立が少し高く、展望はあまり良くない。


画像
画像


結局、誰とも会わない静かな山だった。
累計標高が600Mちょっとしかないので
登山というには少し物足りない感じだったが
あのシロモジの黄葉の数には圧倒された。
展望もなかなか良かったし、寒さを除けば満足だった。
感謝♪


画像








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
昨日は、お世話様でした、
もう、何に感激したかって、最後、近江塩津駅、滑り込みセーフ!あ、レポにない?ってか。(^^ゞ

いやいや実に素晴らしい、
青、黄、枯葉(○ー)の変則三段、、紅葉に名を連ねていただきまして。

しかし、山頂の展望台が、ほんま寒そう! さすが、いつも寒いギャグを飛ばしてはるだけのことある。(^^ゞ

なんか、今年は貝月山に行く予感がしてました、でもまさか、SIVAさんと、、(笑)
ま、正直、登山のもの足りなさは確かにあったと思うので、残り少なくなった今年の運に回してください、皆、期待してると思います。(笑)
チー
2011/10/27 22:42
いつもながらに楽しい解説、そしてコメント…
寒い寒いの掛け合いに暖めてもらていますわ。
コットン爺
2011/10/28 05:12
チー殿、一昨日は、一足先に冬の体験をありがとさんでした。
おかげさんで、JR社員よりも各駅の様子を知っていると思います(笑)
ただ、細かい事を全部書くと一週間はかかると思うので
断腸の思いで省かせていただきました。
お許しください(笑)

脳ミソまで凍るような寒さの中、
美しい黄葉と枯葉のコラボは最高でした(笑)
まったりもいいものです。

「貝月に連れて行かなければ、末代まで呪ってやる!」
みたいな雰囲気になれば、誰でも行くしかないでしょう(笑)
でも、とても良かったですよ。
SIVA
2011/10/28 05:59
コットン爺さん、どうもです。
前よりだいぶ普通になってきたと・・
自分では思っているのですが?(^^ゞ
冬にはそちらに行きたいと思ってます。
SIVA
2011/10/28 06:08
10日ほど前に比べると、かなりあでやかな。
しかし、燃えるようなとか、黄金の、といった色付きにはなりませんでしたねえ。
人も葉も、枯葉色か、、、、
風花老師
2011/10/28 07:03
老師様、今年の紅葉は、このぐらいが限界かもしれませんね。
ただ、人は枯葉の方が元気かもしれません(笑)
私はまだですが。。(^^ゞ
SIVA
2011/10/29 07:10

コメントする help

ニックネーム
本 文

2017年の山

  • 野坂岳(3/28)
  • 野坂岳(3/22)
  • 野坂岳(3/16)
  • 野坂岳(3/10)
  • 野坂岳(3/4)
  • 野坂岳(2/26)
  • 野坂岳(2/20)
  • 綿向山(2/8)
  • 野坂岳(1/27)
  • 鬼ヶ岳(1/15)
  • 野坂岳(1/9)

    2016年の山

  • 野坂岳(12/22)
  • 野坂岳(12/4)
  • 野坂岳(11/22)
  • 野坂岳(11/16)
  • 野坂岳(11/10)
  • 野坂岳(11/4)
  • 野坂岳(10/23)
  • 野坂岳(10/11)
  • 野坂岳(10/5)
  • 野坂岳(9/23)
  • 野坂岳(9/11)
  • 野坂岳(8/24)
  • 野坂岳(7/31)
  • 野坂岳(7/7)
  • 野坂岳(7/1)
  • 夜叉ヶ池(6/19)
  • 野坂岳(6/7)
  • 野坂岳(6/1)
  • 野坂岳(5/14)
  • 野坂岳(5/8)
  • 野坂岳(5/2)
  • 鬼ヶ岳(4/26)
  • 三頭山〜大師山(4/20)
  • 野坂岳(4/14)
  • 野坂岳(4/2)
  • 下市山(3/27)
  • 野坂岳(3/21)
  • 日野山(3/15)
  • 野坂岳(3/9)
  • 野坂岳(3/3)
  • 野坂岳(2/26)
  • 野坂岳(2/14)
  • 野坂岳(2/2)
  • 野坂岳(1/27)
  • 野坂岳(1/15)
  • 野坂岳(1/3)

    2015年の山

  • 野坂岳(12/22)
  • 鎌ヶ岳〜雲母峰(12/16)
  • 野坂岳(12/10)
  • 野坂岳(11/22)
  • 野坂岳(11/10)
  • 金糞岳〜白倉岳(11/4)
  • 七々頭ヶ岳(10/29)
  • 野坂岳(10/23)
  • 野坂岳(10/11)
  • 野坂岳(10/5)
  • 鷲ヶ岳(9/23)
  • 野坂岳(9/11)
  • 八ヶ峰(8/30)
  • 野坂岳(8/24)
  • 野坂岳(8/18)
  • 野坂岳(8/12)
  • 部子山(8/6)
  • 野坂岳(7/19)
  • 野坂岳(5/26)
  • 野坂岳(5/14)
  • 野坂岳(5/8)
  • 野坂岳(5/2)
  • 野坂岳(4/26)
  • 野坂岳(4/14)
  • 野坂岳(4/8)
  • 野坂岳(4/2)
  • 野坂岳(3/27)
  • 野坂岳(3/15)
  • 野坂岳(3/9)
  • 野坂岳(3/3)
  • 野坂岳(2/25)
  • 鬼ヶ岳(2/1)
  • 野坂岳(1/26)
  • 野坂岳(1/20)
  • 野坂岳(1/14)
  • 野坂岳(1/8)

    2014年の山

  • 野坂岳(12/27)
  • 野坂岳(12/21)
  • 野坂岳(12/3)
  • 野坂岳(11/27)
  • 三内山(11/21)
  • 野坂岳(11/15)
  • 野坂岳(11/9)
  • 野坂岳(11/3)
  • 野坂岳(10/22)
  • ホノケ山(10/16)
  • 能郷白山(9/28)
  • 野坂岳(9/16)
  • 蛇谷ヶ峰(9/10)
  • 野坂岳(9/4)
  • 岩籠山(8/29)
  • 野坂岳(8/5)
  • 白 山(7/30)
  • 金糞岳(7/18)
  • 野坂岳(7/6)
  • 野坂岳(6/30)
  • 夜叉ヶ池(6/24)
  • 野坂岳(6/18)
  • 野坂岳(6/6)
  • 竜ヶ岳(5/25)
  • 野坂岳(5/19)
  • 野坂岳(5/13)
  • 野坂岳(5/1)
  • 野坂岳(4/25)
  • 野坂岳(4/13)
  • 野坂岳(4/7)
  • 鍋尻山(4/1)
  • 野坂岳(3/19)
  • 野坂岳(3/2)
  • 野坂岳(2/24)
  • 野坂岳(2/18)
  • 野坂岳(2/12)
  • 野坂岳(2/6)
  • 野坂岳(1/25)
  • 文殊山(1/19)
  • 鬼ヶ岳(1/7)

    2013年の山

  • 野坂岳(12/8)
  • 白倉岳(朽木)(12/02)
  • 野坂岳(11/26)
  • 己高山(11/20)
  • 千石山〜若狭駒ヶ岳(11/14)
  • 大御影山(11/8)
  • 銀杏峰(10/21)
  • 鍋倉山〜藤倉山(10/15)
  • 杣山(10/8)
  • 野坂岳(10/2)
  • 荒島岳(9/9)
  • 野坂岳(9/3)
  • 三十三間山(8/28)
  • 若狭駒ヶ岳(8/22)
  • 野坂岳(8/16)
  • 甲斐駒ヶ岳(8/4)
  • 武奈ヶ岳(八ッ淵の滝)(7/17)
  • 岩籠山(7/11)
  • 夜叉ヶ池(7/5)
  • 飯降山(6/23)
  • 赤坂山(6/17)
  • 西方ヶ岳(6/11)
  • 蕎麦粒山(6/5)
  • 竜ヶ岳(5/24)
  • 千石山(5/17)
  • 富士写ヶ岳〜火燈山(5/6)
  • 野坂岳(4/23)
  • 大原三山(4/18)
  • 野坂岳(3/31)
  • 大文字山(3/19)
  • 蛇谷ヶ峰(3/12)
  • 野坂岳(3/6)
  • 野坂岳(3/1)
  • 野坂岳(2/23)
  • 明神平(2/17)
  • 野坂岳(2/10)
  • 野坂岳(2/5)
  • 権現山(1/30)
  • 愛宕山(1/24)
  • 野坂岳(1/12)
  • 野坂岳(1/6)
  • 2012年の山

  • 野坂岳(12/31)
  • 錫杖ヶ岳(12/19)
  • 野坂岳(12/7)
  • 三重嶽〜大御影山(11/25)
  • 雲洞谷山(11/19)
  • 三池岳〜仙香山(11/7)
  • 野坂岳(10/31)
  • 三国山〜野坂岳(10/26)
  • 皆子山(10/8)
  • 白山(10/8)
  • 野坂岳(10/2)
  • 甘利山(9/29)
  • 大台ケ原(9/26)
  • 大御影山〜大日岳(9/14)
  • 野坂岳(9/8)
  • 武奈ヶ岳(9/2)
  • 岩籠山(8/27)
  • 三十三間山(8/21)
  • 野坂岳(8/15)
  • 青葉山(7/22)
  • 西方〜蠑螺ヶ岳(7/16)
  • 伊吹山(7/10)
  • 野坂岳(7/9)
  • 夜叉ヶ池(6/28)
  • 音波山(6/21)
  • 金糞岳(6/10)
  • 野坂岳(6/4)
  • 赤坂山〜大谷山(5/29)
  • 釈迦ヶ岳(5/23)
  • 妙法ヶ岳(5/17)
  • 己高山(5/11)
  • 岩籠山(4/29)
  • 野坂岳(4/17)
  • 文殊山(4/10)
  • 野坂岳(4/5)
  • 藤原岳(3/30)
  • 野坂岳(3/18)
  • 野坂岳(3/11)
  • 野坂岳(3/6)
  • 日野山(2/28)
  • 野坂岳(2/16)
  • 野坂岳(2/11)
  • 三峰山(2/5)
  • 野坂岳(1/24)
  • 取立山(1/18)
  • 野坂岳(1/12)
  • 貝月山(続) 山・日々の戯言綴り/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる