山・日々の戯言綴り

アクセスカウンタ

zoom RSS 癒しのダイラ(三国岳〜烏帽子岳)

<<   作成日時 : 2010/12/06 21:26   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 10

鈴鹿の三大癒しの一つとも言われるダイラ
以前から行きたかった場所に、今日やっと行く事ができた。
同行者は、この山域のお膝元のkayo殿。
しかし、お膝元と言っても・・?(^^ゞ\(`o'")

コースは、時山〜阿蘇谷〜ダイラ〜三国岳〜烏帽子岳〜北尾根〜時山。
阿蘇谷はヤマヒルの巣とも言われ、歩ける時期が限定されてしまう。
天気は今日も快晴!
「さすが晴れ女!」と言いたいとこだが、最近の本人は自信がないらしい(笑)
しかし私が二連荘も快晴なんて、この先日本もいい事がないかもしれない。(^ ^;

画像
画像
阿蘇谷を上がっていく。
ここは大人しく慎ましくkayo殿に付いていくだけ。
紅葉はすっかり終り、前を歩く方がどうにか紅葉中か・・疑問なところ。。(^^ゞ\(`o'")

画像
いくつもの炭焼き跡や、わさび田などが残っている。
平成6年まで使われていたという火葬場なんかも。。(^ ^;

画像
画像
渡渉などもあるが、テープ類や道標などはほとんどない。

画像
右に小高い台地らしきものが見えてきて、ダイラの入り口付近に着く。

画像
入りやすい場所から右へ入っていく。
やがて、何とも言えない空間が広がっていた。

画像
画像
ここがあの癒しのダイラか!
木は葉を全部落としてしまっているのが残念だが、これでも十分感激だ。
こんな所に、こんな場所があるなんて。。(?_?)

画像
画像
私達は付近を歩き回り、30分以上は楽しませてもらった。
ここにも炭焼き跡もあり、kayo殿はやっぱり古瓶を探していた(笑)

画像
画像
谷に戻り、急坂を上がって稜線に出る。
三国岳方面に向い、まず三角点に寄る。
三国岳は、三角点、山頂、最高点と、贅沢にも三つも峰がある(笑)

画像
三角点からは、何と白山が見える。

画像
画像
今度は三国岳山頂。
正面には御池岳〜茶野なんかがよく見える。

画像
最後に最高点だが、上ったり下りたりの繰り返しで疲れる。(^ ^;

画像
画像
山頂に戻り、烏帽子岳までの稜線がよく見えるが
従走路の入り口に手間取ってしまう。
道標はないし、テープもほとんどないし、道は大量の落葉で埋もれているし・・(^ ^;
誰かさんは、記憶が薄れているみたいだし。。(苦笑)
まあ、ここしかない!と下りていったら、道が分かりましたが。。

画像
画像
アップダウンを繰り返し、鉄塔に出る。
展望がいいので、ここで昼食。

画像
まったりとしていたダイラがよく見える。

画像
霊仙や伊吹も!
今日は風もなく暑いぐらいの陽気だ。

画像
画像
昼食を終え、重たい体で烏帽子岳への急登は辛かった。

画像
戻って分岐から北尾根に入る。
下は巡視路のプラ階段だが、道中は意外にも雰囲気が良かった。
石楠花の木も多数あった。

画像
鉄塔の開けた場所からは、時山の集落がよく見える。

画像
時山バンガロー村に下りて、車までは10分程の距離だった。

やっと念願のダイラに行く事ができ、大満足の日になった。
天気にも恵まれ、何も言う事はなし!
これで、また暫く山に行けなくてもいいかと。。(^^ゞ
感謝の一言でした。


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
ウッ、御案内しようと思っていたのに行かれましたな。
ダイラの北にある尾根上の池(琵琶池)が、雰囲気良いです。
風花老師
2010/12/07 09:28
老師様、去年から行きたいオーラを発しておりました。(^^ゞ
戻ってダイラのカシラから尾根を下る事も頭にあって迷っていたのですが
姫殿の気の向くままに、お任せする事にしました。
新緑、紅葉の時期など何度か通いたい場所なので、
次回にでも歩いてみたいと思います。
SIVA
2010/12/07 18:53
昨日はお世話になりました。
お陰で癒されて昨日はよく寝れました〜

ストレス溜まったら、あそこで癒されてきます
(ストレス溜まらんやろって思っとるやろ?)
私、繊細で、ガラスのような心臓だもんで、、

あかん、あかん、謙虚をモットーに生きるんやった、、、、
元、姫
2010/12/07 22:23
姫殿、こちらこそ、御世話になりました。
わざと迷うところなんか、さすが芸達者だと感心しました(笑)
すんなりよりも、何かあった方が印象に残ってそれも良いかと・・
私は思っています。いや、ホント、、(^^ゞ
それに、忙し過ぎて・・の反対のストレスもありかと!?(笑)

累計標高を見ると1300M少々あったので
若くても連荘の山でさぞ疲れた事と思います。(別に何も要りません・笑)
ようやくダイラに行けて、一つの達成感みたいなものがありますね。

「謙虚をモットーに」と言いながら、「美人薄命」なんて言ってた気がしますが
反動が怖いので、ほどほどが良いかと思います(笑)
SIVA
2010/12/08 06:11
こんなところがあるんですか…。
いいですね。
インプットしておきます。
コットン爺
2010/12/08 20:24
コットン爺さん、ここは良い所ですよ。
ヒルのいない時期に、ぜひ行ってみて下さい。
ただテープ、道標類はほとんどないので、慎重さが大事と思います。
SIVA
2010/12/09 07:34
 SIVA先生、こんばんは。
 このダイラという場所へは、一度も訪れたことがありません。名前だけは聞いて知っております。
 私たちは、どうしても道間違いの少ない尾根歩きを選ぶので、上の琵琶池というのは知っています。だが、こんなだだっ広い所をそぞろ歩きしようものなら方向を誤るのは確実で、とても踏み込む勇気がありません。
 でも、来春には「怖いもの見たさ」という心境もあって、縁のほうだけでも覗いてみたいという誘惑に駆られているところです。
三太夫
2010/12/10 17:49
三太夫教授様、おはようございます。
教授様がダイラに行かれてないとは、何かの間違いかと!?(笑)

阿蘇谷を含めて、この付近にはまったく目印がありませんので
初心者の方には少々難しいと思います。
阿蘇谷はガイドなどで広く知られている主要道なので、初心者の方が入る可能性が高く
やはりこういう道には目印は必要かと私は思います。
こちらの山は道以外は藪がほとんどなので、目印がなくても大丈夫です。
SIVA
2010/12/11 08:49
こんにちは、ダイラは雰囲気の良いところですね。

高島トレイルや三十三間山のブナ林もいい感じで、また行きたいところです。
って、抜土〜三重嶽はまた、行かないとブーイングになりそうで、、
春に企画したいと思ってます。
その節は、お知恵を拝借したいと思ってます。
よろしくお願いします m(__)m

こちらは8日に雨の中を、強行して
敦賀の姫と二人で雨を蹴散らして、、(^_^;)
三十三間山に行ってきました。
ついでに大日までオプションで行ってしまいましたが、
みなさん、健脚で無事に下山できてよかったです。
ホッ、、。
ジオン
2010/12/11 10:29
ジオンさん、こんにちは!
8日の三十三は強行して良かったですね!
私がいたら、天気は絶対好転しなかったと思います。(^^ゞ
せっかく遠方からわざわざ若狭の山に来られるのですから、
ぜひ良い印象を持って帰っていただきたいと、私は常に願っています。
若狭の山もナメコ姫?さんの方が詳しくなってしまい、
私のこのない知恵なんて・・・?(^ ^;

今年の水曜会の高島トレイル走破も、
ほぼ順調良くいったのじゃないでしょうか?
来年の夏までには完結しそうですね。
今年の水曜会では一度しか御一緒できませんでしたが、
また来年もよろしくです。
SIVA
2010/12/11 16:11

コメントする help

ニックネーム
本 文

2017年の山

  • 野坂岳(9/18)
  • 野坂岳(8/31)
  • 野坂岳(8/25)
  • 野坂岳(8/13)
  • 野坂岳(8/1)
  • 野坂岳(7/20)
  • 野坂岳(7/14)
  • 野坂岳(7/2)
  • 野坂岳(6/20)
  • 野坂岳(6/14)
  • 野坂岳(6/2)
  • 野坂岳(5/21)
  • 野坂岳(5/9)
  • 野坂岳(4/27)
  • 野坂岳(4/21)
  • 野坂岳(4/3)
  • 野坂岳(3/28)
  • 野坂岳(3/22)
  • 野坂岳(3/16)
  • 野坂岳(3/10)
  • 野坂岳(3/4)
  • 野坂岳(2/26)
  • 野坂岳(2/20)
  • 綿向山(2/8)
  • 野坂岳(1/27)
  • 鬼ヶ岳(1/15)
  • 野坂岳(1/9)

    2016年の山

  • 野坂岳(12/22)
  • 野坂岳(12/4)
  • 野坂岳(11/22)
  • 野坂岳(11/16)
  • 野坂岳(11/10)
  • 野坂岳(11/4)
  • 野坂岳(10/23)
  • 野坂岳(10/11)
  • 野坂岳(10/5)
  • 野坂岳(9/23)
  • 野坂岳(9/11)
  • 野坂岳(8/24)
  • 野坂岳(7/31)
  • 野坂岳(7/7)
  • 野坂岳(7/1)
  • 夜叉ヶ池(6/19)
  • 野坂岳(6/7)
  • 野坂岳(6/1)
  • 野坂岳(5/14)
  • 野坂岳(5/8)
  • 野坂岳(5/2)
  • 鬼ヶ岳(4/26)
  • 三頭山〜大師山(4/20)
  • 野坂岳(4/14)
  • 野坂岳(4/2)
  • 下市山(3/27)
  • 野坂岳(3/21)
  • 日野山(3/15)
  • 野坂岳(3/9)
  • 野坂岳(3/3)
  • 野坂岳(2/26)
  • 野坂岳(2/14)
  • 野坂岳(2/2)
  • 野坂岳(1/27)
  • 野坂岳(1/15)
  • 野坂岳(1/3)

    2015年の山

  • 野坂岳(12/22)
  • 鎌ヶ岳〜雲母峰(12/16)
  • 野坂岳(12/10)
  • 野坂岳(11/22)
  • 野坂岳(11/10)
  • 金糞岳〜白倉岳(11/4)
  • 七々頭ヶ岳(10/29)
  • 野坂岳(10/23)
  • 野坂岳(10/11)
  • 野坂岳(10/5)
  • 鷲ヶ岳(9/23)
  • 野坂岳(9/11)
  • 八ヶ峰(8/30)
  • 野坂岳(8/24)
  • 野坂岳(8/18)
  • 野坂岳(8/12)
  • 部子山(8/6)
  • 野坂岳(7/19)
  • 野坂岳(5/26)
  • 野坂岳(5/14)
  • 野坂岳(5/8)
  • 野坂岳(5/2)
  • 野坂岳(4/26)
  • 野坂岳(4/14)
  • 野坂岳(4/8)
  • 野坂岳(4/2)
  • 野坂岳(3/27)
  • 野坂岳(3/15)
  • 野坂岳(3/9)
  • 野坂岳(3/3)
  • 野坂岳(2/25)
  • 鬼ヶ岳(2/1)
  • 野坂岳(1/26)
  • 野坂岳(1/20)
  • 野坂岳(1/14)
  • 野坂岳(1/8)

    2014年の山

  • 野坂岳(12/27)
  • 野坂岳(12/21)
  • 野坂岳(12/3)
  • 野坂岳(11/27)
  • 三内山(11/21)
  • 野坂岳(11/15)
  • 野坂岳(11/9)
  • 野坂岳(11/3)
  • 野坂岳(10/22)
  • ホノケ山(10/16)
  • 能郷白山(9/28)
  • 野坂岳(9/16)
  • 蛇谷ヶ峰(9/10)
  • 野坂岳(9/4)
  • 岩籠山(8/29)
  • 野坂岳(8/5)
  • 白 山(7/30)
  • 金糞岳(7/18)
  • 野坂岳(7/6)
  • 野坂岳(6/30)
  • 夜叉ヶ池(6/24)
  • 野坂岳(6/18)
  • 野坂岳(6/6)
  • 竜ヶ岳(5/25)
  • 野坂岳(5/19)
  • 野坂岳(5/13)
  • 野坂岳(5/1)
  • 野坂岳(4/25)
  • 野坂岳(4/13)
  • 野坂岳(4/7)
  • 鍋尻山(4/1)
  • 野坂岳(3/19)
  • 野坂岳(3/2)
  • 野坂岳(2/24)
  • 野坂岳(2/18)
  • 野坂岳(2/12)
  • 野坂岳(2/6)
  • 野坂岳(1/25)
  • 文殊山(1/19)
  • 鬼ヶ岳(1/7)

    2013年の山

  • 野坂岳(12/8)
  • 白倉岳(朽木)(12/02)
  • 野坂岳(11/26)
  • 己高山(11/20)
  • 千石山〜若狭駒ヶ岳(11/14)
  • 大御影山(11/8)
  • 銀杏峰(10/21)
  • 鍋倉山〜藤倉山(10/15)
  • 杣山(10/8)
  • 野坂岳(10/2)
  • 荒島岳(9/9)
  • 野坂岳(9/3)
  • 三十三間山(8/28)
  • 若狭駒ヶ岳(8/22)
  • 野坂岳(8/16)
  • 甲斐駒ヶ岳(8/4)
  • 武奈ヶ岳(八ッ淵の滝)(7/17)
  • 岩籠山(7/11)
  • 夜叉ヶ池(7/5)
  • 飯降山(6/23)
  • 赤坂山(6/17)
  • 西方ヶ岳(6/11)
  • 蕎麦粒山(6/5)
  • 竜ヶ岳(5/24)
  • 千石山(5/17)
  • 富士写ヶ岳〜火燈山(5/6)
  • 野坂岳(4/23)
  • 大原三山(4/18)
  • 野坂岳(3/31)
  • 大文字山(3/19)
  • 蛇谷ヶ峰(3/12)
  • 野坂岳(3/6)
  • 野坂岳(3/1)
  • 野坂岳(2/23)
  • 明神平(2/17)
  • 野坂岳(2/10)
  • 野坂岳(2/5)
  • 権現山(1/30)
  • 愛宕山(1/24)
  • 野坂岳(1/12)
  • 野坂岳(1/6)
  • 2012年の山

  • 野坂岳(12/31)
  • 錫杖ヶ岳(12/19)
  • 野坂岳(12/7)
  • 三重嶽〜大御影山(11/25)
  • 雲洞谷山(11/19)
  • 三池岳〜仙香山(11/7)
  • 野坂岳(10/31)
  • 三国山〜野坂岳(10/26)
  • 皆子山(10/8)
  • 白山(10/8)
  • 野坂岳(10/2)
  • 甘利山(9/29)
  • 大台ケ原(9/26)
  • 大御影山〜大日岳(9/14)
  • 野坂岳(9/8)
  • 武奈ヶ岳(9/2)
  • 岩籠山(8/27)
  • 三十三間山(8/21)
  • 野坂岳(8/15)
  • 青葉山(7/22)
  • 西方〜蠑螺ヶ岳(7/16)
  • 伊吹山(7/10)
  • 野坂岳(7/9)
  • 夜叉ヶ池(6/28)
  • 音波山(6/21)
  • 金糞岳(6/10)
  • 野坂岳(6/4)
  • 赤坂山〜大谷山(5/29)
  • 釈迦ヶ岳(5/23)
  • 妙法ヶ岳(5/17)
  • 己高山(5/11)
  • 岩籠山(4/29)
  • 野坂岳(4/17)
  • 文殊山(4/10)
  • 野坂岳(4/5)
  • 藤原岳(3/30)
  • 野坂岳(3/18)
  • 野坂岳(3/11)
  • 野坂岳(3/6)
  • 日野山(2/28)
  • 野坂岳(2/16)
  • 野坂岳(2/11)
  • 三峰山(2/5)
  • 野坂岳(1/24)
  • 取立山(1/18)
  • 野坂岳(1/12)
  • 癒しのダイラ(三国岳〜烏帽子岳) 山・日々の戯言綴り/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる