山・日々の戯言綴り

アクセスカウンタ

zoom RSS 若狭駒ヶ岳

<<   作成日時 : 2010/11/30 20:40   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 15

今日はいろいろ事情があって、御無沙汰しているチー殿との定期。
チー殿念願の若狭駒ヶ岳に行く事にした。
紅葉には遅く無理だが、素っ裸の素晴らしいブナ回廊も乙なものかと。。
コースは足谷口から池原山経由で、与助谷山から木地山に下りる事にした。
30分ぐらいの車道歩きがあるが、時間的に手頃かと?

画像
空はまっ晴れ!
信じられん!と言われても、高野山で修行しているので。。(^ ^;

登山口で、東近江から来られた単独の方と一緒になる。

熊はいませんかね? と、気になる様子。

そんなん、わんさかいますよ!より取り見取り〜!
ですから私はこうして用心棒を連れて来たんです(笑)
もし熊に遭遇したら、三流芸を一発よろしく!
(^^ゞ\(`o'")

しかし、ここは鈴鹿じゃないので、熊鈴ぐらいは・・(^ ^;

画像
植林の中、いきなりの激登り。
落葉がどっさり。昨夜の雨で濡れて滑るし、仕事道に惑わされそうになるし・・
初っ端なから大仕事になってしまう。

画像
緩やかになって暫く進むと、池原山山頂に着く。
三角点があるだけで、他に何もなく淋しい。

それから池原山から先が、また面白くない。
造成された林道が、うんざりする程何度も登山道を寸断してしまっている。
もう、このルートは魅力がないと思う。

画像
高島トレイルが走る、県境稜線の分岐に着く。
ここからは、比良の蛇谷ヶ峰や武奈ヶ岳などがよく見える。
少し休憩。

画像
駒ヶ岳に向って稜線を進むと、ブナがだんだん現れてくる。
単独の方がメジャーで幹の太さを測ると、3m40cmあった。
鈴鹿のブナの一番太いのが3mなので、これには負けたと言う。
まあ、私はそんな事はどうでもいいのだが。。

画像
やがて、ひっそりとした明神池が現れる。
周りをブナの木々に囲まれ、とても良い雰囲気が漂っている。
誰かさんは、池とはこういうものだと声を荒げておっしゃる。
どこの池が悪いのかというと、それはちょっと問題があるのでここでは・・?
鈴鹿の方らしいが・・ あっ、言ってしまった!f(^-^;

画像
画像
画像
画像
画像
画像
いよいよメインのブナ回廊が始まる。
素っ裸だが素晴らしいブナ林に、お二人共大感激の様子。
お二人のカメラのシャッター音が鳴り止まない。
単独の方が、チー殿をモデルにと前を歩かす。
あーあ、ぼったくりのモデル料を取られるとも知らずに。。(^^ゞ\(`o'")

続くブナ回廊に、単独の方はしまいには飽きてしまったと。。(笑)

画像
駒ヶ岳山頂に着く。

画像
山頂からは、三十三や大御影、三重などがよく見える。
ここで私達は昼食タイムとし、単独の方とお別れする。

画像
約2.4K先の与助谷山へ、高島トレイルを進む。
葉を落とした木々の間からは、小浜湾や敦賀半島などが見える。

風が冷たく、だんだん寒くなってくる。
最近、どうも寒さに弱くなってきたようだ。年のせい?(^ ^;

画像
緩やかなアップダウンのある道を進み、与助谷山に着く。
ここから南の方へ尾根を下る。

画像
美しいブナ林の中を下りるが、すぐに植林になる。

画像
所々急坂があり、落葉の絨毯で滑り易い。

画像
途中でナメコを見つける。
チー殿に採って持って帰るように勧めるが、なかなか私の言う事を信じてくれない。

もし死んだらどうすんねん!

その時は線香ぐらいは・・(^^ゞ\(`o'")

画像
やがて木地山集落に下り、車道を約30分歩いて車に戻る。

何度来ても素晴らしいブナ回廊に大満足。
天気に恵まれ、チー殿も御機嫌の様子で良かったと思う(笑)
感謝♪


画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(15件)

内 容 ニックネーム/日時
素っ裸は素っ裸でいいもんですね…。
チーさんも大満足では…。
コットン爺(コトどん)
2010/11/30 20:46
コトどんさん、結局、ブナは何時でも良いという事じゃないでしょうか?(笑)

これで満足してくれなかったら、人○じゃないと思います(笑)
SIVA
2010/11/30 21:32
祝!山歩き復活
それも黄色が似合うチーさんと
先日熊が怖くて野坂へ出掛けました
あの栃の木峠サイクリングの日です
奇しくも行きは木の芽トンネル越えでした
縁がなかったようで・・・
嶺北のSIVA(勝手に)
2010/11/30 22:59
嶺北のSIVAさん、ありがとうございます。
が、山歩き復活とまではいかないです。
ぼちぼちとチャンスを伺いながら・・ですねぇ。(^ ^;

あの日、私が出たのは昼前でしたので
残念ながら時間が合わなかったと思います。
あの日の野坂岳は最高だったでしょうね!

SIVA
2010/12/01 05:33
御一緒できず、残念でした。スンマセン。
確かに鈴鹿の池の多くは、
池というより水溜まりに近いと思いまするよ。
風花老師
2010/12/01 09:49
老師様、昨日は残念でした。
晴天の下、美しいブナ林と枯木?のツーショットなんぞ
なかなか見られるものはありませんでしたのに。(笑)

池はこうじゃないとイケん!とか・・誰かが申しておりました(笑)
SIVA
2010/12/01 19:07
コットン爺さん びっくり!
誰が素っ裸や!、、と目を疑いましたよ、(^^ゞ
いやいや冗談抜きで期待以上でした、、ご声援痛み入りまする。

嶺北のSIVA(勝手に)さん 黄印のチーです。(^^)/
前のグレーのヤッケが3Kだと誰かにけなされ、やむなく購入、着たのはまだ2回めです、でも薄地で寒い、肉布団人が羨ましい限りです、(^^ゞ

老師様、誤解なきよう、
私は一言も、鈴鹿の池やオジサン?をクサしてません! 頷いたとしたらたぶん誰かの誘導尋問!(笑) 

SIVAさん カキコが長くなりました、もぉお礼はええか?
いやいや、昨日は念願叶い、やっと駒ヶ岳にお連れいただき、感謝感激飴あられ、素っ裸?のブナはいかがなものかと正直案じてましたけど、SIVAさんに負けず劣らずユニークな木ぞろいで、しっかり笑わせていただきました。(笑)
チー
2010/12/01 22:08
冬枯れのブナも青空があれば気持ち良さそうですね。
でも落ち葉が多いと登山道を隠してしまい初めてのところは注意が必要でしょうか。
福井側(熊川宿)からはまだキャンプ場まで車で行けるのだろうか。

つか
2010/12/02 01:33
チー殿、まだ大丈夫ですか?(もうええってか?笑)
やっぱりあのナメコも採った方が良かったですね。

ブナと枯木?の無駄な対決!みたいな感じで、
目眩と頭痛に悩まされた日になりました(笑)
しかし、たまには気分転換?にそれも良いかと!(笑)
年末が押し迫り、やっとまともな定期ができて良かったです(どこがや?)
SIVA
2010/12/02 06:26
つかさん、やっぱり木が映える青空のおかげだと思います。
それも高野山のおかげかと?(もうええって?(^^ゞ)
久しぶりの落葉の絨毯も心地良かったです。
キャンプ場へは今年車で近所のかっ飛び姉さんが行っているので
大丈夫だと思いますよ。
SIVA
2010/12/02 06:40
そうそう、今年の9月にキャンプ場から京都の姫様も行ってます。
SIVA
2010/12/02 06:45
久しぶりに歩いて見えたようで1日は手前まで歩いてみましたがナメコの山でした近所のかっ飛び姉さんも喜んでました。東近江の方は「たろぼう」さんでしたかモデルをされてたようで成る程ね、そちらから若狭駒ヶ岳は近いようですね来週天気が良かったら行かない?
乱丸
2010/12/05 19:24
乱丸さん、鈴鹿の山歩き雑文集のたろうぼうさんとは知りませんでした。
どうりで凛々しい方だと思っていました。f(^-^;

水曜会で着々と高島トレイルを歩かれているようですねぇ。
ナメコ好きにはたまらないかも?(笑)
こんな私なんかにでも何度も声をかけてくれてはいるのですが
水曜日の休みがなかなか合わないんですよ。
残念ながら、今年はもう無理なんです。(^ ^;
SIVA
2010/12/05 21:43
若狭駒ヶ岳は興味があるも遠くて未踏です。

いつもお邪魔しているサイトを覗くと、足こそ上げてないが細身の女性が?
http://homepage3.nifty.com/suzuka-mk/index.html
温泉玉子
2010/12/06 21:11
温泉玉子さん、若狭駒ヶ岳へは遠くてもぜひ行ってください(笑)
ロングな周回もできて楽しめます。

私もレポを拝見しました。
何でもモデル本人は、モデル料をどう徴収しようか悩んでいるようです(笑)

PS.あとの事はもう知りません(笑)
SIVA
2010/12/06 21:50

コメントする help

ニックネーム
本 文

2017年の山

  • 野坂岳(5/21)
  • 野坂岳(5/9)
  • 野坂岳(4/27)
  • 野坂岳(4/21)
  • 野坂岳(4/3)
  • 野坂岳(3/28)
  • 野坂岳(3/22)
  • 野坂岳(3/16)
  • 野坂岳(3/10)
  • 野坂岳(3/4)
  • 野坂岳(2/26)
  • 野坂岳(2/20)
  • 綿向山(2/8)
  • 野坂岳(1/27)
  • 鬼ヶ岳(1/15)
  • 野坂岳(1/9)

    2016年の山

  • 野坂岳(12/22)
  • 野坂岳(12/4)
  • 野坂岳(11/22)
  • 野坂岳(11/16)
  • 野坂岳(11/10)
  • 野坂岳(11/4)
  • 野坂岳(10/23)
  • 野坂岳(10/11)
  • 野坂岳(10/5)
  • 野坂岳(9/23)
  • 野坂岳(9/11)
  • 野坂岳(8/24)
  • 野坂岳(7/31)
  • 野坂岳(7/7)
  • 野坂岳(7/1)
  • 夜叉ヶ池(6/19)
  • 野坂岳(6/7)
  • 野坂岳(6/1)
  • 野坂岳(5/14)
  • 野坂岳(5/8)
  • 野坂岳(5/2)
  • 鬼ヶ岳(4/26)
  • 三頭山〜大師山(4/20)
  • 野坂岳(4/14)
  • 野坂岳(4/2)
  • 下市山(3/27)
  • 野坂岳(3/21)
  • 日野山(3/15)
  • 野坂岳(3/9)
  • 野坂岳(3/3)
  • 野坂岳(2/26)
  • 野坂岳(2/14)
  • 野坂岳(2/2)
  • 野坂岳(1/27)
  • 野坂岳(1/15)
  • 野坂岳(1/3)

    2015年の山

  • 野坂岳(12/22)
  • 鎌ヶ岳〜雲母峰(12/16)
  • 野坂岳(12/10)
  • 野坂岳(11/22)
  • 野坂岳(11/10)
  • 金糞岳〜白倉岳(11/4)
  • 七々頭ヶ岳(10/29)
  • 野坂岳(10/23)
  • 野坂岳(10/11)
  • 野坂岳(10/5)
  • 鷲ヶ岳(9/23)
  • 野坂岳(9/11)
  • 八ヶ峰(8/30)
  • 野坂岳(8/24)
  • 野坂岳(8/18)
  • 野坂岳(8/12)
  • 部子山(8/6)
  • 野坂岳(7/19)
  • 野坂岳(5/26)
  • 野坂岳(5/14)
  • 野坂岳(5/8)
  • 野坂岳(5/2)
  • 野坂岳(4/26)
  • 野坂岳(4/14)
  • 野坂岳(4/8)
  • 野坂岳(4/2)
  • 野坂岳(3/27)
  • 野坂岳(3/15)
  • 野坂岳(3/9)
  • 野坂岳(3/3)
  • 野坂岳(2/25)
  • 鬼ヶ岳(2/1)
  • 野坂岳(1/26)
  • 野坂岳(1/20)
  • 野坂岳(1/14)
  • 野坂岳(1/8)

    2014年の山

  • 野坂岳(12/27)
  • 野坂岳(12/21)
  • 野坂岳(12/3)
  • 野坂岳(11/27)
  • 三内山(11/21)
  • 野坂岳(11/15)
  • 野坂岳(11/9)
  • 野坂岳(11/3)
  • 野坂岳(10/22)
  • ホノケ山(10/16)
  • 能郷白山(9/28)
  • 野坂岳(9/16)
  • 蛇谷ヶ峰(9/10)
  • 野坂岳(9/4)
  • 岩籠山(8/29)
  • 野坂岳(8/5)
  • 白 山(7/30)
  • 金糞岳(7/18)
  • 野坂岳(7/6)
  • 野坂岳(6/30)
  • 夜叉ヶ池(6/24)
  • 野坂岳(6/18)
  • 野坂岳(6/6)
  • 竜ヶ岳(5/25)
  • 野坂岳(5/19)
  • 野坂岳(5/13)
  • 野坂岳(5/1)
  • 野坂岳(4/25)
  • 野坂岳(4/13)
  • 野坂岳(4/7)
  • 鍋尻山(4/1)
  • 野坂岳(3/19)
  • 野坂岳(3/2)
  • 野坂岳(2/24)
  • 野坂岳(2/18)
  • 野坂岳(2/12)
  • 野坂岳(2/6)
  • 野坂岳(1/25)
  • 文殊山(1/19)
  • 鬼ヶ岳(1/7)

    2013年の山

  • 野坂岳(12/8)
  • 白倉岳(朽木)(12/02)
  • 野坂岳(11/26)
  • 己高山(11/20)
  • 千石山〜若狭駒ヶ岳(11/14)
  • 大御影山(11/8)
  • 銀杏峰(10/21)
  • 鍋倉山〜藤倉山(10/15)
  • 杣山(10/8)
  • 野坂岳(10/2)
  • 荒島岳(9/9)
  • 野坂岳(9/3)
  • 三十三間山(8/28)
  • 若狭駒ヶ岳(8/22)
  • 野坂岳(8/16)
  • 甲斐駒ヶ岳(8/4)
  • 武奈ヶ岳(八ッ淵の滝)(7/17)
  • 岩籠山(7/11)
  • 夜叉ヶ池(7/5)
  • 飯降山(6/23)
  • 赤坂山(6/17)
  • 西方ヶ岳(6/11)
  • 蕎麦粒山(6/5)
  • 竜ヶ岳(5/24)
  • 千石山(5/17)
  • 富士写ヶ岳〜火燈山(5/6)
  • 野坂岳(4/23)
  • 大原三山(4/18)
  • 野坂岳(3/31)
  • 大文字山(3/19)
  • 蛇谷ヶ峰(3/12)
  • 野坂岳(3/6)
  • 野坂岳(3/1)
  • 野坂岳(2/23)
  • 明神平(2/17)
  • 野坂岳(2/10)
  • 野坂岳(2/5)
  • 権現山(1/30)
  • 愛宕山(1/24)
  • 野坂岳(1/12)
  • 野坂岳(1/6)
  • 2012年の山

  • 野坂岳(12/31)
  • 錫杖ヶ岳(12/19)
  • 野坂岳(12/7)
  • 三重嶽〜大御影山(11/25)
  • 雲洞谷山(11/19)
  • 三池岳〜仙香山(11/7)
  • 野坂岳(10/31)
  • 三国山〜野坂岳(10/26)
  • 皆子山(10/8)
  • 白山(10/8)
  • 野坂岳(10/2)
  • 甘利山(9/29)
  • 大台ケ原(9/26)
  • 大御影山〜大日岳(9/14)
  • 野坂岳(9/8)
  • 武奈ヶ岳(9/2)
  • 岩籠山(8/27)
  • 三十三間山(8/21)
  • 野坂岳(8/15)
  • 青葉山(7/22)
  • 西方〜蠑螺ヶ岳(7/16)
  • 伊吹山(7/10)
  • 野坂岳(7/9)
  • 夜叉ヶ池(6/28)
  • 音波山(6/21)
  • 金糞岳(6/10)
  • 野坂岳(6/4)
  • 赤坂山〜大谷山(5/29)
  • 釈迦ヶ岳(5/23)
  • 妙法ヶ岳(5/17)
  • 己高山(5/11)
  • 岩籠山(4/29)
  • 野坂岳(4/17)
  • 文殊山(4/10)
  • 野坂岳(4/5)
  • 藤原岳(3/30)
  • 野坂岳(3/18)
  • 野坂岳(3/11)
  • 野坂岳(3/6)
  • 日野山(2/28)
  • 野坂岳(2/16)
  • 野坂岳(2/11)
  • 三峰山(2/5)
  • 野坂岳(1/24)
  • 取立山(1/18)
  • 野坂岳(1/12)
  • 若狭駒ヶ岳 山・日々の戯言綴り/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる